あなたの荷物、本当に安全ですか?

海外旅行時の荷物管理で気をつけるべきこと

他人を見たら泥棒と思え

泥棒は盗れる人から盗っていきます。 つまり、金があるから盗まれるのではなくて、スキがあるから盗まれるのです。 スリやひったくりなどの犯罪グループに「アイツから盗るのはめんどうだ」「もっと楽なやつをねらったほうがいい」と思わせるような荷物管理の仕方が必要になってきます。

転ばぬ先の杖

どんなに気をつけていても不慮のトラブルは起こります。 せっかくの旅行をハッピーにしたいなら、「たとえこうなったとしても、これならば大丈夫」としっかりイメージトレーニングしておくことも必要です。 ここでは、いざトラブルが起こった時のリスクマネジメントについてみていきます。

空港で自分の荷物が迷子になってしまったら

空港でも荷物は紛失します。 それは犯罪性のあるものから故意ではないものまで様々。 空港や航空会社などの手落ちの場合、不可抗力だけに厄介なのです。 もし、空港で荷物が迷子になってしまった時、しっかり手続きすれば、しっかりした補償が受けられます。 こうした制度があることを知って、おおいに活用しておきましょう。

おすすめリンク

安い早いお得な出張パック コストと時間の無駄を一気にカット!早割をしている出張パックもあるのでさらにお得になる

盗られないための工夫

我が国には「他人を見たら泥棒と思え」ということわざがあります。
治安がよく、拾った物は交番に届けるという習慣も文化として根付いている我が国ではちょっとドキッとするような印象もありますが、実は海外旅行をするときはよくよく肝に銘じておきたいことわざなのです。

地域にもよりますが、海外では荷物の置き引き、盗難は日常茶飯事。
財布や貴重品ともなるとスリや強盗、ひったくりに遭うのもめずらしくないのです。
特に、国内の治安の良さに「渡る世間に鬼はなし」とばかりに平和ボケしてしまっている日本人は荷物管理の甘さで色々なトラブルに巻き込まれることが少なくありません。
実は海外の犯罪グループも日本人の警戒心のなさをよく知っていて、特に初めての海外旅行者などを恰好の標的としているのです。
右も左もわからない海外で荷物や財布などを盗まれ、にっちもさっちもいかず途方に暮れる様子を想像してみてください。

「危機管理は荷物管理から」の気持ちで海外旅行にのぞまねばなりません。
旅先の治安はどうなのか、一人で出歩いてはいけない場所はどこなのかはあらかじめウェブで調べればよくわかります。
北欧などは比較的治安が良いのに対し、中南米やアジアの一部は犯罪なども多発し、トラブルとは常に背中合わせ。
荷物管理におけるリスクマネジメントをこころがけなくてはなりません。
いろいろな事態を想定し、二重にも三重にも予防線を張って安全快適な海外旅行にしていきましょう。