あなたの荷物、本当に安全ですか?

他人を見たら泥棒と思え

物理的に盗らせない

ホテルに貴重品を置いておくのは、それなりのグレードのあるホテルでもなければ絶対安心とはいいきれません。
かといって、貴重品を持ち歩けばひったくりやスリの危険性にさらされます。
そこで、貴重品はひったくりやスリに遭わない形で肌身はなさず持っておくことが重要。
海外旅行防犯グッズでサイトを開けば、パスポートやお金、クレジットカードを一つに収納できるチェーン付きの財布から、下着に密着するような形でスリにも財布の場所がわからないようなウエストポーチ。
ひったくりでひもがちぎれたり、切り裂かれたりしないようワイヤのはいった肩掛けバッグ、クレジットカードなど磁気カードの情報を盗み取るスキミング防止加工がほどこされたカード入れなどたくさんの便利グッズをみることができます。
また、そうしたサイトを閲覧することで、実際起こり得る犯罪の手口を知ることができるため、犯罪にたいする意識向上にもつながります。

犯罪を未然に防止する

物理的に盗らせないことも重要ですが、そもそも「盗ろう」という意識をおこさせないことが重要です。

手持ちの荷物を減らすため、リュックなどを利用する観光客がいます。
しかし、背中は人間にとって最大の死角となるため、リュックを巧妙に切り裂いて貴重品を抜いていく犯罪グループもいるのです。
こうした行為を防ぐためリュック全体にかける切り裂き防止用ワイヤネットが防犯グッズとして売られています。
これをすることにより、「私は警戒していますよ」「あなたがたの手口はお見通しですよ」というシグナルを発信することにもなり、犯罪グループにとっても標的にするには少々めんどうだという印象をうえつけることになります。
「盗ろう」が「徒労」になると思わせることが一番安全な防犯対策といえるでしょう。